信金について

法令等遵守の体制

信用金庫の役職員は、社会的規範を逸脱するような営業活動を慎み、良識ある営業姿勢を維持する社会的責任を負っています。

法令やルールの遵守(コンプライアンス)は、金融不祥事を未然に防止するだけでなく、地域での信頼性を高め、地域の皆様の負託に応えていくことにつながります。

当金庫といたしましても、経営陣自らが高い企業倫理と順法精神に則って経営にあたり、その精神を役職員一人ひとりにまで浸透させることが重要であると、強く認識いたしているところです。

そこで当金庫では、公正な業務運営を行うために「コンプライアンス・プログラム」を策定し、倫理法令遵守体制を確立いたしております。

そして法令等遵守の手引きとして「コンプライアンス・マニュアル」を作成し、全役職員に配布して“金庫職員としてのあり方”を再認識し、自らの行動指針として自覚を強めております。

ページの
先頭